タントは身体の不自由なうちのじいちゃんばあちゃんでも乗り降りしやすいかな?

タント見つけた!

この前まで、なんかそこらへんに車がある、くらいにしかわからなかった管理人ですが、最近、だいぶ、意識した車は見分けがつくようになってきました。

今日も車で走っていて、弁当屋に、ダイハツのタントが止まっているのを見つけました。

そう、あの、助手席のドアと左後部先のドアを開ければ、すごく広く降り口があく車!今人気なんですよね?子育て世代に。

ちょうど、左後部座席のスライドドアをお父さんが開けて、中なら子供が降りてくるところでした。

あれが、タントか!

ダイハツタントマスカットグリーン

ダイハツタントマスカットグリーン

色は、ファインブルーマイカメタリックでした。

どうせなら、助手席も開けてくれ!とか思いましたが、まあそうそう良いタイミングでは開けてくれませんでした。残念。

っていうか、昨日記事書いただけで、通りすがりの一瞬で認識できるようになるとか、わたし、どんだけブロガーなんや!

あれですね、カラーバス効果というやつですね。

身体の不自由なじいちゃんばあちゃんに

それで、ふと思ったのですが・・・

うちのじいちゃんばあちゃんは、ちょっと身体が不自由で、夫が主に病院へ送迎しています。

今は、エスティマハイブリッドとダイハツムーブで送迎しています。エスティマハイブリッドだと乗り降りが大変なので、簡易ステップ(簡単な踏み台)もアマゾンで購入しました。

身体が不自由だと、車の乗り降りも結構大変みたいなんですよね。

で、タントのように降り口が広い方が、降りやすかったりしないのかなあ、と思いつきました。

助手席と運転席の間にしきりがない!

助手席と運転席の間にしきりがない!

うん、これ、ナイスアイデアなんじゃないだろうかっ!!

そして、それを夫に言ってみたんだけど、「うーん、身体が不自由だと、かえってつかまるところがないから、乗り降りしにくいんじゃないかなあ。」と言われました。

なるほど、そうね、それは確かにあるよね。

実際のところどうなのか、車を買う時になったら、おじいちゃんやおばあちゃんを連れていって、実際に乗り降りしてもらってみた方がいいかもしれんね。

毎週のことだから、結構影響が大きいと思うのよね。

お年寄りの人って、ちょっとしたケガで、寝たきりになっちゃったりするじゃない?

そうなったら、本人も家族も大変だと思うからさ。できるだけ、負担にならない車を買いたいね☆

タントの中古車在庫情報を見る ▶ タント(ダイハツ)

タイトルとURLをコピーしました